【MBTI】内向型のメタ認知特性と自己変革

これから話す事は、内向型の方にとって自己変革のヒントになることかと思います。

外向型機能:Te(外向的思考) Fe(外向的感情) Se(外向的感覚) Ne(外向的直観)
内向型機能:Ti(内向的思考) Fi(内向的感情) Si(内向的感覚) Ni(内向的直観)

と心理機能は8つある。
このうち内向型の心理機能とメタ認知についての仮説を述べたい。

私のメインはINTP型です。
Tiメインです。
サブとしてINTJ型にも移動できるようにしています。
Niメインですね。
で、内観をしていてて思う仮説。

Tiメインの時は自分の思考に対するメタ認知能力が高い状態。
Tなので、思考の厳密性に対する追求のプロセスをメタ認知しているわけですね。
Niメインの時は認知心理学用語でいうスキーマに対するメタ認知能力が高い状態。
スキーマとはいわゆるトップダウン処理と呼ばれている物。
データ群の記憶を全体論的な視点から概念化したものですね。
例えばいろんな空の視覚情報が大量にインプットされた時に、「空」という概念が全体論的なイメージとしてぼんやりと自分の中で浮かび上がるようになる。
このぼんやりのイメージの構成群をメタ認知している状態。

逆にSiはボトムアップ処理の点データに対するメタ認知だと推測しています。
空の全体論的なイメージではなく、個別の空の認識に対するメタ認知ですね。

Fiは文字通り自分の感情に対するメタ認知ですね。
自分独自の価値観だとか、周囲の感情とは差別化された自分の感情に対するメタ認知が行っている。。
恐らく、健全なFiユーザーはEQが高いと思いますが。

主機能が内向型であれば、自己に対する気づきの能力が高いという事だと思うので、Ti Fi Si Ni間の移動は比較的自分のコントロールの範囲化でできると考える。

問題は主機能が外向型の時で、そもそも意識が外に向いているのが定常化しているので、自分をコントロールしようという発想にはなりにくい。

Teは外界の正しさ、社会の論理、組織の論理に意識が集中している。
Feは集団の感情に意識が集中している。
Seは外界の刺激に意識が集中している
Neは外界の概念に意識が集中している。

補助機能と劣等機能の状態によるが、自己に対する気づきが弱い分自分のメイン主機能がそのまま固定化された状態を移動する事は内向型に比べて困難を伴うと思います。
裏返せばパーソナリティが固定化されやすいのでアイデンティティの統一とかではプラスの面があると思いますが(元々この世は外向型が有利な世の中だしね)

内向型はメタ認知に優れているので自己変革に強みがあると思います。つまり主機能が内向型である間は、あらゆる心理機能を使いこなすポテンシャルがあるという見方ができると思います。

内向型は自分が何に意識を向けるのか?に意識を向けてもらいたい。
Ti Fi Si Ni
のどれに意識配分をむけるか。
そして、そこに意識配分を向けるのが自然になるように生活習慣の変化などに自分自身に学習をかけていく。

それができれば、それぞれが主機能の状態を移動する事が可能になる。
やってみるとわかるけど、それぞれの主機能の世界の違いは本当に面白い。

何をメタ認知するか?の選択で、自分自身の能力そのものをコントロールできるという事なのですよ。

【MBTI】タイプ毎のストレス時の反応を説明するインザグリップという概念

MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)における重要な示唆の一つにタイプ毎に陥りやすい罠という物があります。

インザグリップという概念をご存知でしょうか?

簡単に言うとストレス時に各タイプ毎に陥る不健全な反応パターンです。

この概念を知っておくと、自分の正確なタイプ判定にも役立てる事が出来ると思います。

インザグリップ状態になる予兆としては、補助機能の機能不全が起こり主機能だけが使われている状態になってしまう事が挙げられます。

その状態では知覚機能と判断機能のどちらか片方だけがアンバランスに使われている状態で、それが却って当人のバランスを余計に崩壊させていく方向に作用します。

これをきっかけに、劣等機能が不健全な形で表出するようになります。

つまり、意識下にある主機能への過剰な依存が無意識化にある劣等機能へのエネルギーを不健全にため込んで表出してしまうという事ですね。

そうすると、問題が表面化し、その人らしさは失われ、自分か周囲に迷惑がかかる状態になってしまうわけです。

逆に言えば、その人らしさを取り戻すのに最も重要なのは「補助機能」という事になります。

この補助機能の機能不全をどうにかできれば各タイプ特有の心の罠にひっかかりにくくなるという事だと思います。

これって結構凄い事だと思っていて、様々な精神疾患や発達障害も実はインザグリップから説明がつくのではないかと思っております。

私を例にすると、アスペルガー障害としての診断を頂いておりますのでメインタイプはINTPという事になると思います。

INTPの心理機能は次のようになっております。

「主機能:Ti(内向的思考)」「補助機能:Ne(外向的直観)」「第三機能:S(感覚)」「劣等機能:Fe(外向的感情)」

なので社会的な制約などで補助機能のNe(外向的直観)の性質が活きない環境に身を置いてしまうと主機能のTi(内向的思考)での対処に過剰に拘るようになる。つまり、自分自身のロジックに極端に拘る様になるわけで、そこに拘れば拘るほど劣等機能のFe(外向的感情)の制御に失敗する。

つまり社交不安だとか対人過敏だとか共感だとか共有感覚だとか騙されたくないだとか嘘つきの嘘を暴くだとかそういう物への拘りになっていく。

そこに拘れば拘るほど、却って対人的に嫌われて事態が悪化してTi⇔Feループから逃れられなくなる感じですな。

で、このインザグリップ状態に陥っているかどうかの目安は

怒りの発生」「視野の狭さ」「ユーモア感覚の喪失

という3つの特徴が外にでるとのこと。

逆に言えば、この3つが出ているかどうかで今の自分が補助機能不全に陥っているかどうかがわかるという事ですな。

私の例で言うならば、何かやられた事が頭の中に残って、ひたすらそこに拘ってムキになって対立の構造を分析して、相手の嘘を暴く・正しさの証明・戦略の構築の為に永遠と思考がグルグル回り続けていく感じですなぁ。

当然正確な正しさしか認めないのでユーモアの欠片も無いわけです。

この無駄な時間を他の有益な事に使えたらと何度思った事か(笑

わかっていても、そこの制御が効かなくなるのがこのインザグリップ。

この補助機能不全に陥っているのをどうにかする為に運動したり環境を変えたりだとか、我々が普段無意識にやっているようなストレス対策が有効になる。

私の場合、これが結構きつかったりする。

そもそもインザグリップの状態を解消できずに不健全なままを定常化させがちだから「アスペルガー障害」の診断を貰ってしまっているわけで。

運動をした所でどうしても自分の思考の拘りに意識が向いてしまうのですよ。

野球でキャッチボールしてもボールそっちのけで自分の観念思考に意識が固定化されてしまうのですね。

結局拘りの元になっている対人関係の失敗による居場所の喪失をどうにかせんと、運動した所で永遠とそこに意識が強制されてしまうのですよ。

私の場合だとそういう意味で環境の変化が有効だという事ですね。

こんな感じで、劣等機能の勃発が必ずしも悪い事ではなく自身への気づきのきっかけになるというのも良くわかる。

インザグリップは誰しもが陥り、それを拗らせているのが精神疾患や発達障害だとするのならば、障害が特別な物では無い事が見えてくる気がします。

みんなでそれぞれのインザグリップを語り合う事で、インザグリップの本質を明らかにしませんか?

 

参考文献:ジーン・M.クメロウ(2007)『MBTIタイプ入門(タイプとストレス編)第2版』金子書房