【MBTI】知覚判断PJ軸の本質

PJ軸は知覚対象に対する「フィルターの強度」を担っていると仮説を立てる。
フィルターの強度が強いという事は本来知覚できる情報の一部しか知覚出来ないという事。
(もしもこの仮説が成立していた場合、以前考えたPJ軸の確率論的な切り替え仮説が覆る事になる。フィルターの強度というのは明らかにスペクトラムだからだ)

ITi INe

と表現したINTPの場合、自分の内界に注意を向けている時、ITiのフィルターが強すぎてINeの情報のうち部分的にしか知覚ができなくなってしまっているという事。
そこのフィルターを外しているのがINi ITeのINTJ。

フィルターの強度が本質ならば、補助機能モデルの表現も少し変えないといけない。

INi:内界の抽象化された自動思考をフィルターをかけずに見ている
INe:内界の抽象化された自動思考に目的に沿った強烈なフィルターをかけているので、必要な情報は取り出せているが、それ以外の情報が削られてしまっている。
ISi:内界の事実記憶に対する自動思考をフィルターをかけずに見ている
ISe:内界の事実記憶に対する自動思考に目的に沿った強烈なフィルターをかけているので、必要な情報は取り出せているが、それ以外の情報が削られてしまっている。

ITi:内界の知覚に対して合理性の認識の為に強いフィルタリングをかけている。
ITe:内界の知覚に対して合理性の認識の為のフィルタリングをあまりかけていない。
IFi:内界の知覚に対して感情的調和の為に強いフィルタリングをかけている。
IFe:内界の知覚に対して感情的調和の為のフィルタリングをあまりかけていない。

ENe:外界の抽象化された知覚をフィルターをかけずに見ている
ENi:外界の抽象化された知覚に目的に沿った強烈なフィルターをかけているので、必要な情報は取り出せているが、それ以外の情報が削られてしまっている。
ESe:外界の具体的な知覚をフィルターをかけずに見ている
ESi:外界の具体的な知覚をフィルターをかけているので、必要な情報は取り出せているが、それ以外の情報が削られてしまっている。

ETe:外界の知覚に対して合理性の認識の為に強いフィルタリングをかけている。
ETi:外界の知覚に対して合理性の認識の為のフィルタリングをあまりかけていない。
EFe:外界の知覚に対して感情的調和の為に強いフィルタリングをかけている。
EFi:外界の知覚に対して感情的調和の為のフィルタリングをあまりかけていない。

この見方をすればPJ軸やEI軸の交換の際に何故、説明のしがたいダイナミクスの変化の法則が成り立っていたのかの有力な論拠になるように見える。
上記から特定の主機能に注意が行くときに補助機能にどのような影響を及ぼしあっているのかが明瞭化されているように見える。

MBTIダイナミクスが定性的に成立しているのは事実で、その背後のメカニズムの説明としては有力なのではないだろうか?

カテゴリーMBTI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です