【MBTI】拡張した補助機能概念を用いたISTPの説明を試みる

まだまだ仮説段階なので説明が下手でごめんなさい。

[タイプ名:(主機能 主補助機能|補助機能|第三機能 劣等機能) → 主補助機能参照タイプ/補助機能参照タイプ]
[ISTP:(ITi ISe|ESe|ENi EFe) → ISTJ/ESTP]

原理の仮説
・各心理機能の最初に新しくついたEとIは意識の方向(主補助機能は注意を向けているわけではなく、知覚はできているがそこに注意が向かっていない状態とする)
・注意と知覚の両方が集中している心理機能を主機能とする(注意の対象を変えた瞬間にタイプとダイナミクスが変化するものとする)
・主補助機能に注意を向けた瞬間にP⇔Jの交換が起こりダイナミクスの主補助機能参照タイプとの交換が起こる
・デフォルト状態では主機能に注意が向いていて、そのバックグラウンドで知覚している主補助機能が主機能を補助をしている
・補助機能に注意を向けた瞬間にE⇔Iの交換が起こりダイナミクスの補助機能参照タイプとの交換が起こる
・インザグリップの実態は主機能と主補助機能に対する過剰依存で第三機能と劣等機能が不健全な形で表出する事
・補助機能参照タイプと参照元のタイプはお互いに能力依存的な関係である

注意の方向をITi(内界の狭く深い思考)に向けている。
注意の方向を内部に向けながら、内界の広く浅い経験記憶の想起に基づく判断(ISe)をする。(あくまでもITiに意識が向いていてISiの想起は知覚しているが注意が向いていない)
その時に意識の方向は外界には向いていない。
この状態が固定化されて過剰な状態になると、新しい経験記憶の獲得が不能になり、経験記憶そのものも特に整理がされる事もなくバックグラウンドで流れ続ける状態で思考に意識が集中する。
新しい経験記憶が追加されないので思考による判断は機能不全に陥り空回り状態となる。
強迫性障害とかその辺りが出てくるイメージか?
外界のコンセンサスとの接点もなくなりENi EFeの悪い部分が出現する。
集団に対する対人的な過敏や敵対心などが出るかな。
ENiはどう表現するか。
とりあえず、外界の情報を抽象化して捉える事ができない。
それらに対して極端な反応をするはず。
視野が狭くなっている状態で的外れな判断しかできなくなるのかな。
観念的な事柄に対する過敏性と知覚的根拠の薄い可能性に飛びついたりする?
先が読めないにも関わらず様々な未来の可能性について拘って不安のコントロールが効かなくなったりとか。
その為に余計に確実な事実に基づく知覚に固執するが空回りしてるイメージ?
で、そういう確実な物に固執すればするほど、先が読めない複雑な状況下で不安を余計に大きくするようなイメージよね。
(自分がS的なインザグリップに陥りにくいので、もう少し考察の時間ください)

その状態の制御をつけるためにISe→ESeの移動を試みる。
その瞬間ESTPのダイナミクスとなりISTPダイナミクスのバランスを取る作用を果たす。
無事に外界の観察に成功すれば、ITiの判断材料が新しく吸収され破綻を回避できるようになる。

主補助機能に関してはISeに注意を向けた瞬間に主機能ISiのISTJとなり狭く深く収束させる方向に知覚機能が性質を変える。
ISeの知覚は注意を向けていないので整理をされない、けど注意を向けた瞬間に過去の経験記憶の整理が起こりISiになってしまうという解釈。
もはやそれはISTJでしかないという事だね。

ごめんなさいね。
ISeやENiを上手く表現するのが難しい。

カテゴリーMBTI
いいね! 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です