【MBTI】拡張した補助機能概念を用いたISTJの説明を試みる

まだまだ仮説段階なので説明が下手でごめんなさい。

[タイプ名:(主機能 主補助機能|補助機能|第三機能 劣等機能) → 主補助機能参照タイプ/補助機能参照タイプ]
[ISTJ:(ISi ITe|ETe|EFi ENe) → ISTP/ESTJ]

原理の仮説
・各心理機能の最初に新しくついたEとIは意識の方向(主補助機能は注意を向けているわけではなく、知覚はできているがそこに注意が向かっていない状態とする)
・注意と知覚の両方が集中している心理機能を主機能とする(注意の対象を変えた瞬間にタイプとダイナミクスが変化するものとする)
・主補助機能に注意を向けた瞬間にP⇔Jの交換が起こりダイナミクスの主補助機能参照タイプとの交換が起こる
・デフォルト状態では主機能に注意が向いていて、そのバックグラウンドで知覚している主補助機能が主機能を補助をしている
・補助機能に注意を向けた瞬間にE⇔Iの交換が起こりダイナミクスの補助機能参照タイプとの交換が起こる
・インザグリップの実態は主機能と主補助機能に対する過剰依存で第三機能と劣等機能が不健全な形で表出する事
・補助機能参照タイプと参照元のタイプはお互いに能力依存的な関係である

注意の方向をISi(内界の過去の経験した具体的事実に関する記憶の想起)に向けている。
注意の方向を内界に向けながら、ISiの知覚に対してフレームワーク思考(ITe)をする。(あくまでもISiに注意が向いていてITeは知覚しているが注意が向いていない)
その時に意識の方向は外界には向いていない。

この状態が固定化されて過剰な状態になると、ひたすら内界の過去の経験記憶の想起に注意が向き続けて固執している状態になる。
思考型なので過去の過ちとかに固執しているイメージかな?
過去の事実記憶の想起自体はできるが、ITe思考機能による精査が機能をしていないので、自分の過去の経験やノウハウが外界で有効に機能するかどうかフィードバックがかかなくなる。
現実に即しているかどうかもわからない正しい手順に固執。
強迫と鬱の症状をメインに自分の過去の世界に永遠と引きこもり、それがかえって自己嫌悪のスパイラルを増加させる。

外界との接点もなくなりEFi ENeの悪い部分が出現する。
個人的な価値観や感情の徹底した無視。
自身の怒りのコントロール不全。
先が分からない複雑な状況に対する過剰反応。

その状態の制御をつけるためにITe→ETeの注意移動を試みる。
その瞬間ESTJのダイナミクスとなりISTJダイナミクスのバランスを取る作用を果たす。
ETeに注意を向ける事に成功すれば、自身の過去の経験が現実で機能するかどうかの確認作業ができるようになる。
ETeに注意を向けている間はバックグラウンドでESiも機能するので外界事実情報にアクセスする事ができるようになる。
そして無意味で非現実的な強迫行為を適切な形に修正していけるようになる。
現実世界での生産性の効率が格段に上がっていくようになる。

主補助機能に関してはITeに注意を向けた瞬間に主機能ITiのISTPとなり、雑然とした思考が整理され、深く狭く収束させる方向に思考機能が性質を変える。
機能的思考から厳密思考への性質変化やね。
(思考その物に注意が向けば思考が厳密化するのは自然)
もはやそれはISTPでしかないよねっていう事だね。

ごめんなさいね。
ITe EFiを上手く表現するのが難しい。

カテゴリーMBTI
いいね! 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です