【MBTI】拡張した補助機能概念を用いたINTJの説明を試みる

まだまだ仮説段階なので説明が下手でごめんなさい。

[タイプ名:(主機能 主補助機能|補助機能|第三機能 劣等機能) → 主補助機能参照タイプ/補助機能参照タイプ]
[INTJ:(INi ITe|ETe|EFi ESe) → INTP/ENTJ]

原理の仮説
・各心理機能の最初に新しくついたEとIは意識の方向(主補助機能は注意を向けているわけではなく、知覚はできているがそこに注意が向かっていない状態とする)
・注意と知覚の両方が集中している心理機能を主機能とする(注意の対象を変えた瞬間にタイプとダイナミクスが変化するものとする)
・主補助機能に注意を向けた瞬間にP⇔Jの交換が起こりダイナミクスの主補助機能参照タイプとの交換が起こる
・デフォルト状態では主機能に注意が向いていて、そのバックグラウンドで知覚している主補助機能が主機能を補助をしている
・補助機能に注意を向けた瞬間にE⇔Iの交換が起こりダイナミクスの補助機能参照タイプとの交換が起こる
・インザグリップの実態は主機能と主補助機能に対する過剰依存で第三機能と劣等機能が不健全な形で表出する事
・補助機能参照タイプと参照元のタイプはお互いに能力依存的な関係である

注意の方向をINi(自分の概念記憶のパターン認知)に向けている。
注意の方向を内部に向けながら、知覚した観念について広く浅い思考(ITe)をする。(あくまでもINiに注意が向いていてITeは知覚しているが注意が向いていない)
その時に意識の方向は外界には向いていない。

この状態が固定化されて過剰な状態になると、内的な思考が特に整理がされる事もなくバックグラウンドで流れ続ける状態になり、自分の概念記憶のパターン認知に意識が集中する。
しかしITeによる無意識化の思考ではそれを現実世界で正しく機能するかどうかの検証ができない。
したがって、より、ビジョンとそこまでの道筋の仮説の間にズレが生じやすくなりINiが上手く機能しなくなる。
INiが上手く機能しないにも関わらず、そこに固執している為に余計に現実的な整合性がとれなくなり空回りになっていく。
ビジョンへの固執がかえって自分を盲目にさせている感じ。

外界との接点もなくなりEFi ESeの悪い部分が出現する。
自分の概念世界を脅かす外界を過剰に敵対視したりたか。
感覚過敏や過食や運動のしすぎとか。
外界の事実の把握に失敗しているのに、そういう処理をしなければならない時に不必要に事実に拘りすぎたりとか。
感情コントロールが効かなくなってイライラに支配されたりとか。
周囲の人間に横暴な八つ当たりしたりとか。

INFJとは違い、INTJは批判的に自分の観念世界をみているはずで上手くコントロールができないビジョンや自分に対してダメ出しと空回りを繰り返しているイメージよね。
INFJは自分の観念を肯定してしまうので妄想が広がっていくだろうけど(現実を無視して自分の観念をプラシーボ効果と対人操作で現実化させようとする)、INTJはビジョンと現実の乖離が大きくてもあくまでもビジョンに至るまでの合理的に道筋を修正しながら実現化させようとする。
それが無理なコントロールになったりとか、強迫になったりだとか、周囲の感情を無視したりだとか、絶え間ない自己嫌悪だったりとか、不健全なINTJはひたすら、自分のビジョンの道筋に対して自己不信に陥っているイメージよね。

その状態の制御をつけるためにITe→ETeの注意移動を試みる。
その瞬間ENTJのダイナミクスとなりINTJダイナミクスのバランスを取る作用を果たす。
無事に外界を対象に思考の知覚に成功すれば、INiでの知覚概念の機能性について現実世界での検証ができるようになり精度の高いビジョンの道筋に対する整理や再配置が可能になるようになる。
つまり、自分のビジョンに対してどこが問題でどこが上手くいっていて、その上でじゃぁ、次は何をすればよいのか?っていうのが整理ができるようになるって事やね。
ENTJダイナミクスがその瞬間は動いているわけだから、ENiとして外部の情報にもアクセスできる事になる。
自身のパターン認知に対してプラスして外部の何の情報を知れば、パターン認知の概念図の欠けているピースが見えるようになるのかをピンポイントで拾いに行っているハズ。

主補助機能に関してはITeに注意を向けた瞬間に主機能ITiのINTPとなり、雑然とした思考が整理され、狭く深く収束させる方向に思考機能が性質を変える。
無意識化にある自分の雑然とした思考に注意を向けた瞬間に、自身の思考の整理や再定式化が促される。
もはやそれはINTPでしかないよねっていう事だね。

ごめんなさいね。
EFiやITeを上手く表現するのが難しい。

カテゴリーMBTI
いいね! 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です