【MBTI】拡張した補助機能概念を用いたINFJの説明を試みる

まだまだ仮説段階なので説明が下手でごめんなさい。

[タイプ名:(主機能 主補助機能|補助機能|第三機能 劣等機能) → 主補助機能参照タイプ/補助機能参照タイプ]
[INFJ:(INi IFe|EFe|ETi ESe) → INFP/ENFJ]

原理の仮説
・各心理機能の最初に新しくついたEとIは意識の方向(主補助機能は注意を向けているわけではなく、知覚はできているがそこに注意が向かっていない状態とする)
・注意と知覚の両方が集中している心理機能を主機能とする(注意の対象を変えた瞬間にタイプとダイナミクスが変化するものとする)
・主補助機能に注意を向けた瞬間にP⇔Jの交換が起こりダイナミクスの主補助機能参照タイプとの交換が起こる
・デフォルト状態では主機能に注意が向いていて、そのバックグラウンドで知覚している主補助機能が主機能を補助をしている
・補助機能に注意を向けた瞬間にE⇔Iの交換が起こりダイナミクスの補助機能参照タイプとの交換が起こる
・インザグリップの実態は主機能と主補助機能に対する過剰依存で第三機能と劣等機能が不健全な形で表出する事
・補助機能参照タイプと参照元のタイプはお互いに能力依存的な関係である

注意の方向をINi(自分の概念記憶のパターン認知)に向けている。
注意の方向を内部に向けながら、内面の拡散された価値判断(IFe)をする。(あくまでもINiに注意が向いていてIFeの想起は知覚しているが注意が向いていない)
その時に意識の方向は外界には向いていない。

この状態が固定化されて過剰な状態になると、価値判断そのものもが特に整理がされる事もなくバックグラウンドで流れ続ける状態になり、自分の概念記憶のパターン認知に意識が集中する。
その結果として、知覚した概念の方向付けを失い、自分の生き方に対するゴールの設定が困難になったり、知覚した情報自体の再配置や再定式化はできても判断の為の新しい情報を外部から取り入れるのが困難になる。
自分の概念記憶に対する方向性を見失い整理と再定式化しかできない状態になる。
外界との接点もなくなりETi ESeの悪い部分が出現する。
HSP的な感覚過敏や過食や運動のしすぎ。
事実に不必要に拘りすぎたりとか。
外界を敵対視して自分の観念を現実無視した合理化で捻じ曲げて妄想世界から出られなくなったりとか。
しまいには現実検討能力を無くし統合失調症になったりとかね。
先が見える分絶望しか見えない泥沼にはまったら本当にそうなってしまう怖さがあると思う。

その状態の制御をつけるためにIFe→EFeの注意移動を試みる。
その瞬間ENFJのダイナミクスとなりINFJダイナミクスのバランスを取る作用を果たす。
無事に外界の人々の感情の知覚に成功すれば、INiの価値判断の方向付けの材料となり、人々の調和を導く方向への精度の高い具体的な道筋が見えるようになる。
ENFJダイナミクスがその瞬間は動いているわけだから、ENiとして外部の情報にもアクセスできる事になる。
多分、自身のパターン認知に対してプラスして外部の何の情報を知れば、パターン認知の概念図の欠けているピースが見えるようになるのかをピンポイントで拾いに行っているハズ。

主補助機能に関してはIFeに注意を向けた瞬間に主機能IFiのINFPとなり、雑然とした価値判断が整理され、狭く深く収束させる方向に感情機能が性質を変える。
無意識化にある自分の雑然とした感情判断に注意を向けた瞬間にそれが整理される事になるので、自身の価値観の整理や再定式化が促される。
もはやそれはINFPでしかないよねっていう事だね。

ごめんなさいね。
ETiやIFeを上手く表現するのが難しい。

カテゴリーMBTI
いいね! 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です