【MBTI】拡張した補助機能概念を用いたESFPの説明を試みる

まだまだ仮説段階なので説明が下手でごめんなさい。

[タイプ名:(主機能 主補助機能|補助機能|第三機能 劣等機能) → 主補助機能参照タイプ/補助機能参照タイプ]
[ESFP:(ESe EFi|IFi|ITe INi) → ESFJ/ISFP]

原理の仮説
・各心理機能の最初に新しくついたEとIは意識の方向(主補助機能は注意を向けているわけではなく、知覚はできているがそこに注意が向かっていない状態とする)
・注意と知覚の両方が集中している心理機能を主機能とする(注意の対象を変えた瞬間にタイプとダイナミクスが変化するものとする)
・主補助機能に注意を向けた瞬間にP⇔Jの交換が起こりダイナミクスの主補助機能参照タイプとの交換が起こる
・デフォルト状態では主機能に注意が向いていて、そのバックグラウンドで知覚している主補助機能が主機能を補助をしている
・補助機能に注意を向けた瞬間にE⇔Iの交換が起こりダイナミクスの補助機能参照タイプとの交換が起こる
・インザグリップの実態は主機能と主補助機能に対する過剰依存で第三機能と劣等機能が不健全な形で表出する事
・補助機能参照タイプと参照元のタイプはお互いに能力依存的な関係である

注意の方向をESe(外界具体事実)に向けている。
注意の方向を外部に向けながら、狭く深い感情判断(EFi)をする。(個人プレーで左翼的な思想とか)
その時に意識の方向は自分には向いていない。
この状態が固定化されて過剰な状態になると自己制御の能力が無くなりどこまでも躁的になりやりたい放題になる。
ADHD/ADDとかその辺の症状も出てくるかもしれない。
そうすると知覚されていない反対機能のITe INiの悪い部分が出てくるようになる。
自分の概念記憶をパターン認知する事が困難な状態。
先が読めない複雑な状況に対して過敏になったり不安になる?
自分で意思決定をしなければらないような状況を恐れたりとかそういう感じ?
確実な事柄に固執して、不確実な事柄を徹底して排除しようとしたりとか、そういう不確実な状況下で不安に耐えかねて知覚的根拠の無い予言とかを真に受けたりとか。
不安に耐えかねて自分で先を読む能力が無い事を自覚できずに、自分の先読みを過剰に妄信したりとか。
それで空回り疑心暗鬼になってる感じ?
このタイプは自分の判断に自信が無いから道筋を示してくれる宗教にはまり易い側面があるのかもしれない。
(筆者はS的なインザグリップに陥りにくいので、この部分は突っ込み大歓迎)
自分の感情が無自覚なまま過剰になり自分の内的な思考の知覚ができない。
ヒステリーを起こし的外れな屁理屈や理にかなっていない判断をさも正論かのように自分の感情の合理化に使うようになる。
どんな正論も通じない。
善意があったとしても周囲の為になっているかどうか確認する事が困難な独善的なメサイアコンプレックス的な状態?
EFiの感情判断は知覚されているが注意が向かっていない状態で整理をされていない。
自分の価値観にとって何が大切なのかわかっていないので大量の感覚情報を上手くさばけない。
その状態の制御をつけるためにEFi→IFiの移動を試みる。
その瞬間ISFPのダイナミクスとなりESFPダイナミクスのバランスを取る作用を果たす。
無事に内観的になれれば、外部事実情報に対して落ち着いた価値判断ができるようになり破綻を回避できるようになる。

EFiに注意を向けた瞬間に主機能EFeのESFJとなり広く浅い感情判断へと性質を変える。
ようはEFiは注意を向けない二次的な知覚だから存在しえるので、自分の外界の人々の感情に注意を向けていれば自分以外の人間の感情を直接的に知覚せざるえなくなるために構造的に性質がEFiからEFeに変化せざる得なくなる。

ごめんなさいね。
EFiやITeを上手く表現するのが難しい。

カテゴリーMBTI
いいね! 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です