【MBTI】外向内向軸のコントロール法案【性格改善仮説】

内向的なINTP的な色を濃くしようとと思うときに、私がやるのはテンポの速い電子音楽を一人で爆音で聞くという事をやるんですよね。
そうすると何が起こるかと言うと、電子音楽が短期記憶のレベルで強烈に記憶される。
強烈に記憶されるので、勝手に電子音の出力が自分の記憶から出てしまう。

電子音が爆音であればあるほど、そこに対する注意も固定化される。

例えばフラッシュバックを想像いてみてほしい。
あまりにも強烈なフラッシュバックが出たら、強制的に注意の方向が自分の内側に向くでしょ?

逆に言えば注意の方向が自分の内側に向くような記憶を自分にさせないという事が内向型が外向化する上で重要なポイントになる気がする。
仮説「外向型は自分の内側から出てくる記憶の強度が低く、内向型は強度が高い」
内向型はTi Fi Si Niのいずれか一つが主機能になっていて、どこかにメインの意識を向けている。

自分の思考に注意が強制的に向いてしまう。
自分の感情に注意が強制的に向いてしまう。。
自分の事実記憶に注意が強制的に向いてしまう。
自分の概念記憶に注意が強制的に向いてしまう。

ここに注意が向かないような自己記憶を作るにはどうすればいいかってって話よね。
その一つの案が

自分の外側から出力される情報の強度の強さ>自分の内側から出力される記憶の強度の強さ
(>は不等号)

って奴だね。
外側の強度を高める事は、外向型になる上で重要なのはわかると思うけど後者の方を意識している人は少ないんじゃないかと思うね。
外界の強度が低い状態で一人の時間とか持ってしまうやはり、どうやったって注意が自分に向いて自分の内側に関する注意が強化されがちになるよね。

ようは自分が注意したい対象は無限ループで強化される性質があったりするので(インザグリップがそれにあたるのかな?)それが外界になるようにすれば、自分に対する記憶の強化が起こりにくくなるってのはあるんでないかい?
インザグリップを逆利用してやるのも手かもしれない。
とにかく、外にしか興味が向かなければ究極の外向型なわけだから刺激中毒(Se Ne)になるか社会的なコンセンサスの取れた正論(Te Fe)の情報を浴び続けるかって事だよね。

それらが気になって気になってしょうがないっていうようになるまで、条件付け的な自己学習をかけてやれば気づいたときには多分外向型だよっていう。
でも自分に注意を向ける事ができない外向型になるのを勧めているわけじゃないよ?っていう(笑

あくまでやはり内向外向軸ほどバランスが重要な軸は他にないというのはこれまでの議論で立てた仮説の通りだし。

外向軸が強ければ強いほどメタ認知能力は下がるはずだしね

カテゴリーMBTI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です