【MBTI】各タイプにとって補助機能に過剰依存したインザグリップ状態は存在しえるのか?

以前の記事で次のような仮説モデルを提唱した。

ENe
INe
ESi
ISi
ENi
INi
ESe
ISe
ETe
ITe
EFi
IFi
ETi
ITi
EFe
IFe

今までと違うのは、注意の方向が追加されている事。
INeなら、内向に注意が向かっている外向的直観という事になる。
さて、例のごとくINTPを例に出す。

INTP:「Ti Ne S Fe」
これを新モデルでは次のようにダイナミクスを仮説定義してやる。
INTP:「ITi INe|ESi EFe」
そうすると次のような疑問が出てくるようになる。
インザグリップでITi過剰の状態に陥るのと同様にINe過剰の状態になる事もありえるのではないか?
従来のインザグリップの理屈ではENeの機能不全でITi過剰になるかのようなニュアンスが見受けられる。

だから、ENeがきちんと動作するようになればバランスが取れるようになるという理屈にもなる。
これを逆の立場で見てみよう。
INe過剰の状態になった時にETiのバランスを取り戻せばいいというロジックが成立してもおかしくない。

ETiを使っている型は、従来のダイナミクスで言えば補助機能でTiを使う型なのでESTPとENTPという事になる。

こちらの理屈でもってもEI軸の入れ替えでバランスがとれるようになるとのロジックになるか。

同じINTPでもインザグリップ時にITiが過剰になるINTPとINeが過剰になるINTPがいると仮定する。
そうするとETiとENeを意識する事でバランスがとりやすくなるとの仮説。

逆に言えば、「ITi INe」の状態でバランスを取るのは不可能なのかという見方も。

INTJ:「INi ITe」のITeは意識が自分に向いているけれども外界の論理に基づいて判断をしているという事になる。
これは表現として違和感があるよね。
判断機能の定義をこう書き換えてみたらどうか?
「Te:広く浅いthinking」「Ti:狭く深いthinking」「Fe:広く浅くfeeling」「Fi:狭く深くfeeling」
そうすると「個の価値観よりも一般的な価値観を優先するTeとFe」という定義が一般化された感じになる。
INTJのITeはINiの知覚対象に対して広く浅い思考をするというニュアンスに変化する。
判断の為の精度の高い全体像を得るためにINiでの知覚に固執するINTJというのは想像しやすいね。
そうするとITe過剰インザグリップとかあるのかなって話になるね。

一般的なETeのインザグリップは怒りの表出が激しく持続が浅い切れ方・判断能力の低下が特徴という認識だけど、ITeインザグリップの場合はどうだろうか?
自分の内側に注意が向かっている状態でINiの知覚を無視して表面的な判断に固執している状態?
ようは深く思考しなくてもINiから出てきた仮説をITeの浅い検証で機能をしている事を確認できれば正しいとするのがINTJだ。
その浅い検証に固執している状態というのが想像ができない。

知覚よりも検証に固執しているのはどう考えてもINTP的だよね。
固執しているから仮説検証対象の理論が深くなっていくんであって。
もう一度自分の過去を思い出すとNeに依存している自分はいる気がする。
ようは音楽とかそういう刺激をどんどん求めていく感じよね。
ようはそれが快になるわけだから、それに固執しているのよね。
でもそれってINeじゃなくてENTPのENeじゃんって突っ込みが入ったらそれまでだよね。

やっぱり、補助機能過剰によるインザグリップというのはありえないのか?

INTJ:ITeに固執する動機がないよね。
INTP:Neに固執する動機は快楽が欲しいから?でもそれは外への注意になってしまうので、内側の概念を検索的に知覚するっていうのに固執するのは快楽の動機としてはありそうだよね。
ENTP:ETiに固執する動機。左翼的な価値観の啓蒙に固執するイメージがある。
ENFP:EFiに固執する動機。左翼的な価値観の啓蒙に固執するイメージがある。
ENTJ:ENiに固執する動機。これもINTJ同様判断の精度を上げるために固執するのはありそうだよね。でも判断力って外側の情報に対して全体像をとらえて抽象化してというプロセスだけでは判断力はあがらないよね。何故ならば判断の根拠は自分の知らない事がネックになって判断ミスをする物だから。
レベルの高い判断をする為には自分が知っている事に対して抽象化して全体像をとらえて足りない部分にアンテナを張るというのは必須だと思う。
だからENiのような所にそもそも注意を依存した所でENTJにとって何のメリットもないという事になる。

そうすると、補助機能への注意に対するEI軸のバランスを崩したものそのものがインザグリップという見方が成立するか?
INTPだったらENeに意識を向けなければならんところを癖でITi・INeに意識が向かいがちでそれがインザグリップ理論でいう補助機能の機能不全という表現になるのかもしれない。

ここで議論しているような補助機能に固執している体験を持った方がいらっしゃったらブログの返信くれると嬉しいです。

カテゴリーMBTI
いいね! 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です