【ダニング=クルーガー効果批判】メタ認知は人を不幸にする

結論から言えば、内向型の方がメタ認知を得意としているが外向型の方が主観的幸福度が高い。

だから、自分を客観視するという行為は自分を不幸にする要素を多分に含んでいるという事が言いたい。

長年メタ認知をし続けてきた管理人の一つの結論。

幸福になる為にはメタ認知を辞めるしかない。

確かにメタ認知ができれば、外向型の人間には持ちえない強力な武器が手に入る事は間違いない。

目標達成能力や何かを極める能力の為にはメタ認知が絶大な力を発揮する事は認めざる得ない。

管理人もリアルで結構ないろいろ目標達成をしてきた。

が、内向傾向も同時に強化され、神経症傾向に拍車がかかった。

あまりにも、自分を客観視する事を世間は神格化しすぎているように思う。

メタ認知を辞めなければ外向型のパーソナリティ構造に近づけないという絶対的な現実があり、極める能力こそ内向型に劣るものの、総合的には外向型の方が有利なこの世界で自分を客観視する事を要求してくる事に耳をかしすぎてしまうと自分で自分の首を絞める事になってしまう。

ここで考えたいのは「ダニング=クルーガー効果」と呼ばれている物である。

自信のある人ほどメタ認知ができずに能力が低く、自信の無い人ほどメタ認知ができる為に能力が高くなるとの理論。

外向型の方が総じて主観的幸福度が高く、メタ認知能力は内向型に比べて劣るわけだから、平均的な能力は「内向型>外向型」とならなければおかしいハズ。

でも実際にはそんな事は無く、極める能力が内向型に比べて劣っているだけで、総合力は外向型の方が優れている。

「ダニング=クルーガー効果」はそういう意味で能力に対する概念の切り取り方が一面的だと言わざるえない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です